40代のアイメイク【一重瞼・奥二重】基本+修正で目力が変わる!


▮わずかな修正メイクが、あっという間に印象を変える!




【 も く じ 】
▮40代・50代の目力変化
▮最新アイシャドーの選び方 
▮色で冒険はしない

▮アイシャドーカラー基本の塗り方
▮一重まぶた、アイシャドーポイント 
▮奥二重、アイシャドーポイント  

▮基本のアイラインタイプの種類
▮瞳の真上にアイライン 
▮ハネのつくり方

▮目力が一気に上がるマスカラ
【目元とまつ毛のご褒美】
【ディアモスト アイラッシュ】

▮マスカラ塗り方の基本
▮マスカラの形状、主な3タイプ
▮ビューラーの使い方 
▮マスカラ全方位の塗り方



▮40代・50代の目力が変化


40代・50代と年齢を重ねると、目力が弱くなってきたように感じることが多いと思います。

目の周りの筋力が低下し、皮膚の弾力が低下するために、特に皮膚の薄い目元はハリを失います。


すると、上まぶたがくぼみ目になったり、目尻が下がり、かぶさり目になったり、クマができたり、狭い範囲ながらもさまざまな変化をもたらします。

・目尻のシワにヒアルロン酸という話本当に改善できるか検証


メイクは顔の変化に合わせて、少しづつ修正していけばいつまでも魅力的な顔でいられます。そのまま放置して「歳をとったから仕方ない・・・!」なんて諦めて何もしなければどんどん老け顔になっていきます。

わずかな修正メイクが、人の印象をあっという間に変えてしまいます。
私たち大人女史にとって、メイクは魔法のツールです。



▮最新アイシャドーの選び方


最新のアイメイクの傾向を踏まえながら、40代以降の顔の悩みについても、ポイントを抑えたメイクテクニックをお伝えしましょう。


40代以降の肌に危険な色が、ビビットカラ―のアイカラーです。
ビビットなアイシャドーは、肌の色から浮いてしまい馴染みにくい色です。

夏は海に出かける時など、水着に合わせてこうゆう色を使いたくなるかも知れませんね。
リゾート地など遊びの場なら、つけたい色でメイクをして、思いっきり楽しむのはいいと思います。



どんな肌にも違和感なく使える定番色が、ベージュ系やブラウン系の濃淡です。知的で、自然な立体感をだせます。

多少ビビットな色でも、ベージュやブラウンを重ねれば瞼に違和感が薄れて、馴染みやすくなります。

薄いピンク系やパープル系も、大人世代の目元には明るくて柔らかい印象がだせます。



これらのシャドーカラーはビジネスの場に於いても、フォーマルな場に於いても品を損なうことなく、40代以上のメイクを上品に魅せてくれます。

年相応のメイクをしたいという方にも、ナチュラルで落ち着いたアイメイクができます。

二重の幅が広く華やかに見える目元や、ちょっと色を塗っただけなのに濃く見られてしまう、とう方にも。或いは、抑え気味のアイメイクにしておきたい時などにも使いやすい色たちです。


▮色での冒険はしない


地味な顔立ちだから華やかにしたいという方もいますが、アイシャドーカラーで冒険するのは危険ですね。色ではなくアイラインやまつ毛を強調する方が自然な美しさを引き出せます。

アイシャドーは色によっては悪目立ちするだけですから。



▮アイシャドー基本の塗り方





❶まぶたのベースカラーとブラシ
一番先に明るい色をベースカラーとして眉の下からまぶた全体に塗ります。

道具は、まぶた全体に塗るので、中くらいのブラシ(横1㎝幅×縦1.5㎝程度)が使いやすいです。




❷アクセントカラーとブラシ
中心となるカラーで、まぶたの印象を決める色です。
少しパールが入ったブラウン(パールありでもなしでも可)から濃いブラウンまでグラデーションで入れます。

ブラウンではなく、薄いピンクやパープルを使う場合は、ここで使います。

入れ方は、アイホールの丸みに沿って、左右にチップ(先にスポンジがついているもの)を動かしながら、グラデーションしていきます。



➌ ❹濃い目の色で、まつ毛の生え際を引き締めます。



▮一重まぶた、アイシャドーポイント


✤一重瞼に深みを出したい時



✤一重瞼を開けた時、2㎜程度アクセントカラーが見えるところまで入れます。








▮奥二重、アイシャドーポイント


✤奥二重の場合、目尻にボリュームを持たせると一気に目力がアップします。





アイシャドーの薄い色でも濃い色でも、二重が見える目尻側をポイントにすることでさらに奥行きが出て、魅力的な目元になります。




▮基本のアイラインタイプの種類


目のキワにつける色は、まつ毛を強調できる濃い色(濃いブラウンや黒)がベスト。
黒いまつ毛を強調するためには、ダークカラーが基本です。






▮瞳の真上にアイライン


瞳を強調するために、瞳の真上にはアイラインを入れます。
道具は、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプなどありますが、慣れた使いやすいもので大丈夫です。


瞳の真上だけでも、アイラインを入れれば瞳がより大きく輝きを見せ、目力がパワーアップします。



さらに目を大きく見せるには、上まぶた全体に入れます
画像は、分かりやすいように太く入れていますが、実際にはここまで太く入れません。




目尻は太めに入れます。
目尻の最後はハネを創ります。ハネは大人世代の目元を魅力的に見せてくれます。




▮ハネのつくり方


ハネとは、目尻に描く鋭角的な三角形をつくることです。
上がりすぎるときつい印象になります。
最近のトレンドは、上がり過ぎず、下がり過ぎず水平なラインです。

一番先に、目尻のハネを創ります
ハネたところから、逆戻りして瞼中央へ水平にラインを入れます。









✤下瞼には、目尻だけ影づけをします。
下瞼には、アイラインではなく、シャドーで影づけをする方が柔らかく目元を強調できます。



黒目をさらに大きく見せる方法として、黒目の真下にアイラインを入れます。
黒目の存在感が一層際立ちます。




✤目全体を囲むと、目の大きさが強調されます
目のサイズが強調されるので、小さめの目なら一層小さく見えます。


大きい目の場合、大きさを強調するには囲む方法もいいのですが、柔らかい印象に仕上げるためには、アイラインで囲むよりシャドーで影づけする方がいいです。



▮目力が一気に上がるマスカラ



マスカラは、40代からのアイメイクに最も大きな効果が得られます。
まつ毛を太く長くし、目全体をワイドに見せます。

まつ毛が抜けたり、少なくなっていたら、まつ毛美容液でケアをしましょう。


また、マスカラをつける前に下地として美容液を塗るとからみやすくなり、ボリュームを出やすくなります。

40代を過ぎたらマスカラのケアは必須です。


まつ毛の育毛と目元ケアができる商品をご紹介しておきますね。

「目元とまつ毛のご褒美」

【目元とまつ毛のご褒美】

目元の保湿、まつ毛の育毛をコレ一本でWケアできるものです。

目元のくすみ、クマ、目尻のシワをケアするためのまつ毛美容液です。
目元の乾燥が気になる、まつ毛のボリュームが減ってきた!そんな方におすすめの商品です。


✤目元とまつ毛のご褒美 購入条件
内容量:15g
初回限定価格:980円(税抜)送料無料
通常価格:4700円(税抜)
2回目以降の価格:3700円(税抜)
送料無料
全額返金保証制度
継続回数の条件なし ここが良心的でいいですね。


目元のケアとマツ育、この価格なら、試してみても損はないかな~と思いますよねー
私も思わず注文しました。今、2ヶ月半ですが、まつ毛のハリ感が出てきたように感じています。以前よりマスカラが塗りやすくなったので、メイク時間もその分短くなったと思います。




✤目元の皮膚の環境を整えるための成分
目元の血液循環をよくするための、果実エキスや柑橘系の成分配合により、血のめぐりをよくします。

目元は血液の流れが悪くなりがちですから、朝晩、目元のケアが必要ですね。

✤育毛成分でまつ毛を強く育てる
育毛成分でまつ毛のハリやコシを導きます。
年々、まつ毛は切れたり抜けたりして量も少なくなります。悲惨な思いをすることも。


特に、エクステ年月が永いとまつ毛に負担がかかり、まつ毛が劣化したり、抜けたりしていることが多いです。

早いうちにケアをしておけば、マスカラを塗るためのまつ毛が少なくなってしまうこともなくなります。










【ディアモスト アイラッシュ】
【1本3WAYのまつげ美容液 ディアモスト アイラッシュ】



まつ毛美容液・眉毛美容液・目元保湿ケア 1本で3役こなします。

オーガニック処方で低刺激なので、他のまつ毛美容液で刺激が強く感じた経験があるなら一度試してもいいかと思います。


強い補修力のキャピキシルで、まつ毛の根元からダメージにはたらきかけます。


目力アップには、ワイドラッシュ配合で、まつ毛の成長サイクルに合わせ、ダイレクトにはたらきかけます。しっかりと太く、強い目元の印象に導きます。


高い美容成分
・マヌカハニー
天然のビタミンや酵素を豊富に含んでいます。
高い保湿力に富んでいます。目元皮膚のバリアを正常化し、守ってくれそうですね。

・ホホバオイル
昔から人間の皮脂に最も近いと言われている、ホホバの実から抽出したオイルです。肌へのなじみが良いのが特徴です。

・アルガンオイル
目元のしなやかさや弾力を育てるためのオイルです。



✤ディアモスト アイラッシュ】購入条件
内容量:5ml(朝晩使用/2か月分)
初回価格:2480円 送料無料
2回目以降:3980円
通常価格:4800円(税抜)送料無料
60日間返金保証
解約・変更は10日前ならいつでも可能

✤2か月持つので、コストパフォーマンスが特に良い
1日あたりのコスト:41円



✤使い方
洗顔後の清潔な肌、まつ毛に使用します。
マツエク・まつ毛パーマ中でも使用可


40代以降、大人世代はどうしてもまつ毛にハリがなくなり、毛量も少なくなります。

ケアすることで、目元の印象が全く違うものになりますから積極的にケアし、できるだけボリュームを保ちましょう。

目元メイクの中でマスカラの威力は非常に重要な影響力を持ちますから。

今だけ限定48%割引 まつげ美容液【ディアモスト アイラッシュ】




▮マスカラ全方位の塗り方


マスカラを塗る回数は、まつ毛の量やなりたいイメージにより変わりますが、だいだい3回~5回程度繰り返し塗ればかなりボリュームが出るでしょう。


✤マスカラは全方位で塗る
マスカラを塗る角度は上下、左右の全方位で塗ることで目の奥深さや、大きさ、印象が全く変わる威力を持っています。

上方向だけカールしている人を見かけますが、とても残念で、もったいないな~と思います。


先ずは、マスカラの特徴を理解することから始めましょう。
マスカラは、ブラシの形状と液体との組み合わせでタイプが決まります。
ブラシの形状で選びます。

▮マスカラの形状、主な3タイプ






✤ボリュームアップ
細い薄いまつ毛でもフサフサに!
まつ毛を1本づつコーティングし、濃く太くします。
マスカラの液体に厚みがあり、たっぷりつきます。


✤カールタイプ
ビューラ要らず
まつ毛を根元から持ち上げ、カール効果を出します。
またそれを長持ちさせます。
カールが垂れることを防ぐ液体なので、比較的軽いつけ心地。


✤ロングラッシュタイプ
短いまつ毛の助っ人役
まつ毛を長くのばす機能があります。
ファィバー(繊維)入りで、線維がまつ毛にからむことで長さを出すものです。

但し、コンタクトレンズを装着している方は慎重にした方が・・・。
線維が目に入ってしまうことがあります。マスカラをつける時、落とす時にも注意が必要です。
できれば、ボリュームタイプでボリュームをしっかり出す方が良いと思います。



▮ビューラーの使い方


✤ビューラーでカールし、全方位へ拡大する
ビューラーで、まつ毛を根元からカールします。
ビューラーは適当に使っていると、まつ毛を切ったり抜けたりします。
ビューラーは必ず根元に入れてまつ毛をしっかりはさみます。
根元をはさみこんで立ち上げなければ、ビューラーを使う意味がありません。



1. まつ毛の中央の根元にビューラーをあて、軽く握り2.3回形をつけます。

2. ひと握りごと、位置をずらし、目尻側、目頭側も形をつけます。

3. 毛先までていねいにビューラーを移動します。


ビューラーでまつ毛が上がりにくい時は、ゴムが摩耗していることがほとんどです。
消耗品なのでゴムを交換しましょう。

ビューラーで角度をつける時、つい力が入り過ぎてまつ毛を傷めてしまうことがあります。
切れたり、抜けたりしますから注意しましょう。


✤電動ビューラーも便利!
電動ビューラーは電気の熱で上げるので、自然なカールが無理なくできます。
瞳を中心とするアウトラインに、360度の全方向に毛流れをつくります。




▮マスカラの塗り方で一気に目力UP!






✤上まつげに比べると、下まつ毛は肌から浮いています。
毛先からつけて、まつ毛に少し重量感を与えてから、ブラシを根本際にからめて全体につけます。

短くてブラシが入らない部位は、ブラシを縦に持ち、1本1本丁寧に慎重にからませます。
上まつ毛も下まつげも目頭側はブラシを縦に使い1本1本丁寧につけましょう。



✤マスカラ最終仕上げ
ダマになったり、2.3本からまっているところがあれば、マスカラブラシで軽くとかします。

肌についてしまったら綿棒で軽くとります。

いくらボリュームが出ても、マスカラの塊はみっともないだけですからねー。
必ずブラシでとりましょう。





40代、50代と年齢を重ねるごとに、まつ毛はだんだん乏しくなりがちです。
これまでまつ毛パーマやエクステでまつ毛を酷使してきた歴史がある方は、まつ毛を確認してみましょう。


まつ毛パーマやエクステが悪いというわけではないのですが、何年も続けていると接着剤によるまつ毛の負担が大きくなり、ダメージを受けます。


傷んだまつ毛を放置しないで、ケアすればまた数年前のまつ毛を見ることができます。
目元はメイクアップには全体の印象を大きく変えます。


少しでも早いうちからケアをすれば、それだけ楽に改善できると思います。



アイメイクNG空気の職場でも、まつ毛で印象アップできる!
職業によっては、メイクアップNG的な空気の職場もありますが、そんな職場でも、まつ毛だけしっかりあれば目元の印象が違いますよねー

さらにマスカラでボリュームを持たせれば、メイクをしなくてもインパクト大ですね♪

如何ですか?
メイクは基本が先ずは大事です。

しかし、40代、50代、そして60代へと年齢を重ねるごとに目力は落ちていくのが自然です。
そうした変化に合わせて、基本+わずかな修正をすることで若さを保てます。


減少した筋肉をつけたり、肌を改善するにはある程度の努力が必要ですが、メイクならあっという間に印象を変えられます。

参考になることがありましたら、是非トライしてみてください。♬(^^♪



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。